×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アビレックスレザーフライトジャケット「BASIC G-1 TOPGUN」

ミリタリーブランドアビレックスAVIREXは、米国軍隊のフライトジャケットなしには語ることはできないブランド。1937年に米軍指定の業者となった「エアロレザーカンパニー」がAVIREXの前進でありルーツ。1974年に現社長のジェフ・クライマンによりAVIREXに社名を変更して、本格的に一般市場に商品の供給を開始。AVIREXは、米軍指定業者として培った高度な技術と専門知識を活かして、数々のフライトジャケットを復刻し、市場に供給しているブランドです。アビレックスレザーフライトジャケット「BASICG-1TOPGUN」です。
アビレックスレザーフライトジャケットG-1のトップガンモデルは、素材はゴートスキンを使用。首元のボア、袖・裾のリブ・内ポケットやアクションプリーツなどのスペックをようし、米国海軍航空隊の象徴とも言えるモデルです。フライトジャケットG-1は、両袖、フロントに合計9個のワッペンを使い、バックには大きなレザーパッチとワッペンが貼り付けてあります。フロントはフラップポケットになっています。しかし真横からも手を入れハンドウォーマーとしても使える仕様になっています。裏地の背中部分には米海軍時代のチェックリストが別布で貼られており、雰囲気のいいモデルになっております。フライトジャケットG-1のトップガンモデルは、前立ての風除けフラップにはU.S.N(合衆国海軍)の刻印が入っています。サイズスペックも日本サイズになっているので身幅・腕周りをジャストサイズで着用できるシルエットになっています。映画トップガンをリスペクトしたフライトジャケットですので、人とは少し違ったジャケットをお探しの方にオススメです。

AVIREXフライトジャケットB-3

AVIREXフライトジャケットB-3は、襟のストラップベルトは5段階に調節可能。衿を立てることにより、顔の半分を隠す事ができ、高い防寒性を得る事が出来る。大きな襟はベルトの調整によってチンウォーマーとして活躍する。AVIREXフライトジャケットB-3は、ボディーには防寒性、保温性に優れたシープスキンを贅沢に一枚使用しており、毛足の長いムートンがそのまま裏地となる。シワ感のある素材感は着込んでいくほどに味わい深い物になっていく。AVIREXフライトジャケットB-3は、1点づづで質感が異なるのも特徴。フロントジップのシームテープが雨風の侵入を防ぐ。掴みやすいよう、レザー製のストラップが付く。身頃裏のポケットは強靭なキャンバスを素材に使い、ファスナー付きの小ポケットがある。着用したまま調節出来るよう、前向きに付けられたウエストのアジャストベルトで耐寒性が向上。

フライトジャケットアルファ社N-3B、N2-B、MA-1

フライトジャケットアルファ社N-3Bは、アルファ社が寒冷地に配属された地上要員向けに納入しているパーカです。フライトジャケットN-3Bはナイロン製のアウターで水にも強く、さらにフロントはジップの上をさらに覆ってボタンで留める2重構造であるため、どんな天候でも暖かさを逃がしません。フライトジャケットN-3Bの人気の秘密は、機能性だけではなくフード周りを覆うフェイクファーなど、実用性から生まれた素晴らしいデザインにあります。アメカジ、モード、ミュージックスタイルなどあらゆるストリートシーンにぴたっとはまるフライトジャケットN3Bはおすすめするアイテムです。
フライトジャケットアルファ社N2-Bは、今や冬の定番ジャケットとなっている。1945年に作られたN2をベースにパイロット用ジャケットとして開発されたもので、丈を短くし、リブを絞り込むことによって狭いコックピット内でも動けるよう工夫された逸品です。フライトジャケットアルファ社N2-Bは、ジッパーが付き分かれるフードが特徴的。古さを感じさせないスタンダードなデザインはこれからも長く愛されるでしょう。
フライトジャケットMA-1は、日本のファッション市場において、ミリタリーウェアーをカジュアルの定番として認知させたアイテムは間違いないでしょう。フライトジャケットMA-1のシンプルなデザインはどんなアイテムとも相性が良く、特にアメカジスタイルが復活した近年、最も注目を浴びています。フライトジャケットMA-1は、耐久性、保温性に優れ、さらに超軽量のパイロット用に開発され、実に45年に渡り生産し続けるまさにアルファ社の顔的モデル。アメカジスタイルの定番アイテムとして1枚は手に入れたい本格ミリタリージャケットです。

Copyright © 2007 フライトジャケットはトップガン